放射線治療でメスの届かない場所のガンも消滅

手

サブメニュー

胆のうがんの治療

先生

胆のうにガン細胞が発生した場合、主に手術で治療を行っていきます。しかし、広い範囲に進行が認められた場合、手術ではなく抗ガン剤治療や放射線治療に切り替えて治療を進めていきます。

View Detail

咽頭がんの治療

笑顔

咽頭がんの治療はガン細胞が発生した場所によって違いがあります。上咽頭の場合は放射線治療が最も有効とされており、中咽頭や下咽頭の場合は放射線治療と手術の両面を視野に治療を行って行きます。

View Detail

放射線治療の進化

新宿で内科の治療を考えているという場合はオススメのクリニックがありますよ。まずはサイト上で心当たりのある症状を確認してみましょう。

行徳で腰痛を治してくれるクリニックをお探しならこちらがオススメですよ。これで辛い痛みをもおさらばできますね。

治療

世界中で病気によって命を落としてしまう人がいます。死因の上位になっている病気に「ガン」があります。ガン細胞は色々な場所に発生してしまいます。元は健康な細胞だったものがガン細胞に変異してしまうため、どの場所でもガン細胞が生まれてしまう可能性があります。一昔前なら、ガンを発症してしまうと治る確率はゼロに近いとさえ言われていましたが、近年では医学の発展により治療して治る確率は向上しています。ガン細胞が発生する場所によって進行度や初期症状には違いがあり、ガンではない病気と誤認してしまうケースも少なくはありません。誤った素人判断で検査のタイミングを失ってしまうと、治療が遅れて治る確率を下げてしまうことになります。少しでも異常を感じたら病院へ検査へ行くことが大切です。異常が見つからなければそれで良いですが、ガンが早期に見つかれば健康寿命を伸ばすことができるのです。

ガンの治療は手術が一般的とされていますが、手術を行うことができない場所の治療では放射線治療や抗ガン剤を使用することになります。欧米などでは放射線治療を行うことが一般的となっており、最近では日本でも積極的に導入されています。手術をすることなく治療ができるため、身体に傷が残る心配はありません。ガンは年齢や性別を選ばず発症してしまいます。思春期の女の子や女性にとって、目立つ手術跡が残ってしまうのは心にも傷を残すことに繋がってしまいます。放射線治療は手術に比べて身体への負担も少ないため、体力が衰えている高齢者でも治療を行うことができるのです。また、入院ではなく通院で治療することができるため、仕事を辞めたりする必要もありません。ガンは進行と共に転移をします。手術が出来ない箇所だからと放っておくことは大変危険です。放射線治療はガンの種類に関係なく行えるため、多くの患者を助ける最前線のガン治療となっているのです。

体に傷を入れずにガンを退治できる放射線治療は負担を体に掛けません。高齢者の方でも安心して受けられる治療法となります。

がん治療にも最適な免疫治療は近年進化を続けています。免疫を高めることでがん細胞の消滅も研究されていますよ。

検便検査ではいくつかの検査メニューを選ぶことができ、ノロウイルスだけに絞って検索を行うことも可能になっています。

すい臓がん治療の向上

先生

すい臓がんは進行が速く転移しやすい病気です。初期の自覚症状が全くないことから、発見されたときにはすでに手術が困難な状態であることも珍しいことではありません。その場合、抗ガン剤と放射線治療を併用した治療が行われます。

View Detail